開倫個別 六木校 校長 沖坂一志                        校舎map 
 楽しい体験授業でした!

小学5年生の算数の授業、テーマは「体積」でした。直方体の体積=たて×横×高さ、立方体=1辺×1辺×1辺 を覚え、しっかり計算できれば合格という内容でした。しかし、それでは面白くないと思い、なぜ「たて×横×高さ」で体積が求められるのと尋ねてみました。すると、答えは?だったら、面積はなぜ「たて×横」なの…。答えは?あまり考えることのなかった面積の公式、ちょっとびっくりでしたね。
 
そこで点と線の関係について話しました。平面で点を同じ方向にいっぱい書いていくと何になりますか。それは「線」ですね。じゃあ、これも平面上で同じ長さの線を同じ方向にいっぱい書いていきます、するとどうなりますか?「面」になりますね。

 1本の線をたてとし、同じ方向に線を描いた長さを横とすると、面積とは1本の線×移動した長さ、つまり「たて×横」で求められるのです。そして、体積は1つの面が同じ方向(垂直)に積み重なった「かさ」。だから、平面(たて×横)×積み重ねた長さ(高さ)で求められるのです。
 こんな話を図に描きながら説明していきました。するとこの生徒は、やり方・結論だけを求め、原理などを考えない生徒が多い中で、目を輝かせて聞いてくれました。  東京都足立区六木1-15-10リマール六木1号棟 1階
TEL 03-5856-0541
つい調子に乗って面積の単位が㎠、体積の単位が㎤なのか、なんてことも話してしまいました。

テキストの問題を解く時間は少なくなってしまいましたが、その出来が素晴らしかったことを加えておきます。

疑問を持ち、それが納得・解決したときの感動は何とも言えないものです。そんな感動をいっぱい体験してほしいものです。授業をしていた私もさわやかな気分でした。

                                      開倫個別六木校 校長 沖坂 一志 
  

■このHPをご覧になられている皆様へ

開倫個別六木校は先生1人に生徒最大4人までの個別指導です。
お子様の現在の学年に関係なく、つまずいたところから丁寧に教えることができます。
どこがわからないのかがわからない、勉強方法がわからない、等々なんでもご相談ください。
お子様の状況に合った解決法を提案させていただきます。
 中3の夏!

 
「夏を制する者は受験を制す」とか「夏は受験の天王山」といわれるように、中3の夏は受験を避けては通れないでしょう。なぜ夏が大きなターニングポイントになるのか。

それは40日間の長期の休みが取れる最後の夏だからです。この40日間をどんな中身で過ごすのかが、とても重要になってきます。特に弱点教科や弱点課題のある単元を抱えている人は、この夏こそ対策に充てるラストチャンスかもしれません。普段の学習では取れなかった反復・復習の時間をしっかり取って、理解の底上げを図ることも重要です。

公立高校入試では、英語の文法は8割2年生で登場します。数学は中1・2年内容のみでの出題は約5割ですが、その1・2年内容に中3の新出内容が融合して入試問題を作ることを考えると、やはり7~8割は入試に影響します。その1・2年内容をしっかり仕上げられかは、実は夏の最大のテーマです。

 部活が終わり、中3生みんなが入試に向かっていきます。今までの2~3倍勉強しているのになかなか成績が、偏差値が上がらないこともあります。それは周りもやっているからです。ライバルに差をつけるのは、この夏の勉強の成果です。失敗は許されないのです。

 特に毎日部活漬けだった生徒のみなさん。部活が終わったら大きくギアチェンジしなければならない時期に、脱力感で遅れを取ることのないように注意しましょう。

 40日間の夏というカンバスに、どんな絵を描けるかは君たちの近い将来を占うことになります。
がんばれ!受験生。


 
中2の夏!

 中学3年間の真ん中は? それは、今年の夏です。つまり、1学期までは中学3年間の前半戦、9月以降は後半戦となるのです。

 中2の2学期は各教科で重要なテーマが目白押しです。でも中3生は部活を卒業し、中心になるのは中2。忙しい時期です。そして、後半戦は何といっても中3、受験に直結する勉強をする重要な時期なのです。

「中3の夏!」でも書きましたが、公立入試の英語の8割の文法内容は中2で登場します。数学は7~8割の入試に1・2年内容が影響します。そんな2学期を見据えて、やるべきこと。
「弱点補強です!」

前半戦での課題をクリアーしておくこと。後半戦に持ち込まないこと。それが9月以降のスタートダッシュにつながるのです。部活・勉強、まさに両立の時、それが中2の夏です!


 
中1の夏!

中学に入学して4ヶ月。大きく変わった環境の中で、手探りで頑張ってきたことでしょう。部活が始まったことは大きかったですね。生活リズムも変化し、やっと慣れた頃かな?

さあ、勉強の話をしましょう。初めての中間テストは計画的に取り組めましたか。環境が変化する中でも、着実に学習テーマは難しくなってきています。このままでは「まずい!」と思っているなら、夏は大きなチャンスです。

英単語の意味がわかっても、ライティングができなければ点になりません。数学は文字式に入りました。係数・1次式・同類項など新しい用語も登場しました。でも、文字式の計算の基本は正負の数の計算です。正負の数の計算が完璧でなければ、文字式いや、その後の方程式も×です。9月以降は、さらに関数(座標・比例・反比例)・図形(平面・空間図形)と進んでいきます。

中1の夏は、わずか4ヵ月されど4ヵ月の学習を完璧に仕上げ、弱点を残さない反復で仕切り直しをすること。それが最優先の課題です。


 
小学生の夏!

私が面談の中でよく話題にする話に、「忘却曲線」というものがあります。「忘れんぼの曲線」です。

今一生懸命勉強して、100%分かったとします。しかもテストでは100点。すばらしいですね。そして、次のテーマに進んでいきます。「今」の勉強はできますが、それ以前のものは触れない・使っていないでは忘れる一方です。そして0%になると、リセットつまりやり直しです。あの時わかっていたのに…、それが人間の悲しい記憶のメカニズムです。

 「じゃあ忘れてもいいんだ。」と、とんでもない。人は忘れないための知恵を持っています。それが反復です。使っていないと忘れていきますが、反復していると忘れる度合いが減っていくのです。定期的に大切なものだという信号を送ると、前頭葉の海馬がしっかり記憶として保存してくれるようです。でも、そのままにしておくと、その知識は必要なしとみなし消されるようです。

 「僕はすぐ忘れるからバカなんだ」とかいう生徒と出会うと、かわいそうでなりません。「みんなそうだよ」と言ってあげたいと思います。でもね……。この夏、是非復習を、反復をさせてください。お母さん・お父さんがしっかりとナビゲートして、充実した夏にしてほしいと思います。


□ 夏期講習期間  7/22(月)~8/29(木)

・体験学習受付中!
  お気軽にお電話ください。体験日時を打つ合わせします。
   体験学習のご様子は面談でご報告します。 

 
特典:講習会参加者で、9月入会される方は入塾金16,200円(税込)が免除。

 


□土曜ゼミ  開講間近!

 既習単元から入試演習。闘う相手を知ってこそ、
 本番の入試で得点できるのです。受験レベルの
 勉強と残された単元学習の仕上げが、大きく
 入試の得点に影響します。学習単元が終了
 してからの入試対策では、時間が足りません。
 入試で勝利するためのステージをご用意しました。

  
8/31(土)開講!!



                  六木校 (03)5856-0541

開倫個別 北千住校
開倫個別 千住関屋校
開倫個別 北綾瀬校
開倫個別 綾瀬校
開倫個別 花畑校
開倫個別 青井校
開倫個別 竹ノ塚校
開倫個別 西新井大師西校
開倫個別 谷在家校
開倫個別 水元校
開倫個別 金町校
開倫個別 高砂校
開倫個別 小岩校
開倫個別 白鳥校
開倫個別 堀切菖蒲園校
開倫個別 本田広小路
開倫個別 新小岩南校
開倫個別 三ノ輪校
開倫個別 新三河島校
開倫個別 尾久校
開倫個別 町屋校
開倫個別 南千住校
開倫個別 曳舟校
開倫個別 小村井校
開倫個別 京島校
開倫個別 東向島校
開倫個別 東あずま校
開倫個別 足利西校
開倫個別 邑楽校
開倫個別 太田鳥山校
開倫個別 大泉校
開倫個別 伊勢崎校
開倫個別 鹿沼東校
開倫個別 新鹿沼駅前校
開倫個別 自治医大校
開倫個別 真岡校
開倫個別 江曽島校
開倫個別 さくら校
開倫個別 宇都宮中央校
開倫個別 水海道校
開倫個別 石岡校
 (株)開倫塾 本部 〒326-8505 栃木県足利市堀込町145 電話0284-72-5945 FAX0284-73-1520